内職で副収入を稼ごう!

最近、内職を希望する方が増えているという話を聞きます。 具体的に内職とはどのような働き方や業務を指すのでしょうか。 このサイトでは、内職について解説します。 内職とは、家内労働者のことを指します。

家内労働者とは、業者より委託を受け、物品の製造や加工を個人で行う人のことです。 子供が小さく手が離せない、外に働きに出ることができないといった方が多いようです。 基本的に在宅で作業を行うことが多い内職ですが、ポスティングやチラシ配りなど外で行う内職もあります。 基本的に内職は単価が低いため、数を熟すことが収入を上げることにつながります。 内職で一般的な例をあげると、車や電気部品づくりやお守りづくり、裁縫など手先を使用する仕事が多いようです。 この他にも、テープ起こしや翻訳などの内職もあります。 テープ起こしや翻訳などの内職は単価が高いようです。 簡単な作業が多く、誰でも始めることができる内職ですが注意が必要です。 まず、自分が出来る以上の作業は抱え込まないようにしてください。 単価が低いため、それなりの数を熟さなければなりません。

そのため、多数の内職を掛け持ちしている人も少なくありません。 悪いことではありませんが、自分が熟せる量を把握しきれていない最初の段階では控えめに受注を行うようにしましょう。 作業に慣れ、作業に掛かるスピードなどが上がった場合に徐々に受注の数を増やすとよいでしょう。 内職会社によっては、受注数を増やす代わりに単価を上げてくれるところもあります。 多数の内職を掛け持ちするより、効果的といえるでしょう。

テープ起こしとは?

主婦の方に人気の内職です。 この内職の中でも非常に高いのが「テープ起こし」です。 テープ起こしとは具体的にどのような仕事なのでしょうか。 テープ起こしについて、まとめてみました。 名前の通り、テープに録音されている内容を文字に書き起こす仕・・・

DM封入、宛名書き

内職には様々な種類があります。 しかし、今も昔も変わらずに人気の内職はやはり自宅で行えるDM封入や宛名書き、花づくりなど、女性が得意とする細かい作業が発生する内職のようです。 人気の内職のひとつである「DM封入」はどのような作業が発生す・・・